information:展覧会予定、お知らせなど

お知らせ・ご案内

伊藤惠 根来漆 展 のご案内

 この度、コウイチ・ファインアーツでは、平成29年の最初の展覧会として、
1月28日(土)から2月11日(土)まで「伊藤惠 根来漆展」を開催致します。

 一乗山大伝法院根来寺(和歌山県岩出市)は、高野山の新義真言宗ゆかりの寺院です。根来漆は、中世よりこの根来寺で僧の器として制作されていた朱色の漆器です。
 下地は、堅牢(随所に布着せをしている)な漆下地で作られており、塗りは黒漆の上に朱漆を一度だけ塗っていて、その為使い込むと朱色がすり減り黒漆が表出します。
この様子が美しいとされ、丈夫で美しい根来塗は、往時の憧れの的でした。
 1585年豊臣秀吉の紀州攻めにより根来塗の生産は途絶えてしまいますが、江戸期になっても、幻の漆器として珍重されました。現在においても数寄者がこよなく愛する漆器です。
 1993年、和歌山県那賀郡岩出町(現、岩出市)が往時の根来漆の復興事業として、岩出町統伝承事業根来塗指導員養成講座を開講しました。
 1995年、伊藤惠はこの講座に入講。2002年より指導員に任命され、その後14年間岩出市で根来塗を指導してきました。
そして2016年より、指導員を経て根来塗師として作家活動を始めました。

 根来漆—伊藤惠展では、箸、コップ、皿、酒器など普段使いの生活漆器に加え、本来の伝統的な「折敷」、「豆子」、「瓶子」なども展示致します。根来漆は大変丈夫な漆器です。酢や酒も入れていただけますし、洗剤をつけてスポンジで洗うこともできます。

お使い頂けましたなら、きっとその極上の口当たりの良さに驚かれるでしょう。ぜひ、多くの方々にその至福を味わって頂きたく存じます。
また、生活雑器だけではなく、ギャラリーアーティストの山本智子(のりこ)、奥田耕司とのコラボレーション作品もご紹介いたします。ドイツで活動する山本智子デザインのキャンドルホルダー、奥田耕司のオブジェなどもどうぞご高覧下さいませ。

なおこの催しは、January Party と申しまして、西区江戸堀1丁目の山忠ビルのコウイチ・ファインアーツとお向かいの若木ビルの5軒のギャラリーの同時開催となります。
5軒のギャラリーが、同じ1月28日にパーティーを開催にすることで、一度にそれぞれのギャラリーの展覧会とパーティーを楽しんで頂けるという催しでして、今年で7回目になります。

ぜひ、沢山の方々のお越しをお待ち申し上げております。


★会期
平成29年1月28日(土)~2月11日(土)
11:00~18:00(土曜日は17:00まで)
会期中は日曜日のみ休み

オープニング
コウイチ・ファインアーツ
平成29年1月28日(土)17:00~19:00

★会場
コウイチ・ファインアーツ
550-0002 大阪市西区江戸堀1丁目7−13
喫茶 山登寿 2階
tel. 06-6444-1237 fax. 06-6444-1375
mail: info@kouichifinearts.com
URL: http://www.kouichifinearts.com
地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」6番出口より徒歩2分