Oil on the Edge

2020.05.25 – 06.30

Oil on the Edge” 展を開催いたします。

ミズテツオと奥田文子による、オイルペインティングの二人展です。

奥田文子のペインティングは、空と海、地と木々、湖と山などの境界線が描かれている。
境界線のバリエーションは豊富で、奥田文子がこれまでに旅した世界中の風景が元になっている。
制作過程で出来た絵具の層を生かしたマチエールは、吸い込まれそうな程の透明感と清らかさを醸し出している。

ミズのペインティングは、まず黒の絵具を塗り、鋭利な物で掻き取るように境界線の下書きをする。
境界を分けた白い線が最後まで消えないように、ペインティングを施す。
絶妙なコントラストで描かれた色と色との組み合わせはシンプルでありながら、かつお互いに際立っている。
フラッグは、画面の中で同色が使われるが同じ色ではない。また、筆跡を残す場合、残さない場合など、マチエールも様々で印象も違う。ミズの作品はドラマチックであり、力強く、感動的だ。

二人のペインティングは、境界線が描かれている点で共通している。

リンクを貼り付けておりますので、そちらの方からどうぞご高覧くださいませ。


Oil on the Edge 展:    https://www.artsy.net/show/kouichi-fine-arts-oil-on-the-edge

奥田文子 作品一覧:   https://kouichifinearts.com/product-category/ayako-okuda/

ミズ テツオ 作品一覧:   https://kouichifinearts.com/product-category/tetsuo-mizu/