ティエリー・ノアール / Thierry Noir

Biography

ティエリー・ノアールは、1958年にフランス リヨンに生まれ、後にベルリンに移住。
1984年4月、東西冷戦下のベルリンの壁にペイントした最初の人物と認識されています。

ティエリーがペイントしたのは、当時のドイツの時代背景に対する革命運動でした。
ネガティブな壁を、ユーモラスに一変させるアクションだったのです。
結果的にはこれが、1989年のベルリンの壁の崩壊のさきげけに繋がりました。

壁に3メートル以上ものビビッドなカラーを使ったのは、単なる装飾ではなく、ネガティブなベールを剥がす事を目的としたのです。
ベルリンのネガティブな印象の壁に、ティエリーの明るいペイントは、自由へのあくなき戦いを象徴するものでした。

現在の混沌とした世界で、ティエリーの明るい作品は、国境を越えてネガティブなベールをはがし、私達に希望を見出させてくれます。

ティエリー・ノアールは、1958年にフランス リヨンに生まれ、後にベルリンに移住。
1984年4月、東西冷戦下のベルリンの壁にペイントした最初の人物と認識されています。

ティエリーがペイントしたのは、当時のドイツの時代背景に対する革命運動でした。
ネガティブな壁を、ユーモラスに一変させるアクションだったのです。
結果的にはこれが、1989年のベルリンの壁の崩壊のさきげけに繋がりました。

壁に3メートル以上ものビビッドなカラーを使ったのは、単なる装飾ではなく、ネガティブなベールを剥がす事を目的としたのです。
ベルリンのネガティブな印象の壁に、ティエリーの明るいペイントは、自由へのあくなき戦いを象徴するものでした。

現在の混沌とした世界で、ティエリーの明るい作品は、国境を越えてネガティブなベールをはがし、私達に希望を見出させてくれます。

Available Works