流 政之 / Masayuki Nagare

Biography

流政之は、1950年代の初期の作品から「ワレハダ」の技巧を用いてきた。
それは石を割った部分をそのままにしておく事で、作品は未完成であることを意味している。

「つくらざることはときにつくることをしのぐし、つくらざるものはつくりたるものを生かす」
この表現は流独自の美学であり、後にアメリカに大きな衝撃をあたえた。

1960年代には、アメリカで大きな成功を収め、国際的な彫刻家と評価された。
1963年には、ニューヨーク世界博日本館に日本から600トンの石を持ち込み、巨大壁画「ストーン・クレイジー」を制作。
また、ニューヨークワールドトレードセンターでは、巨大な石の彫刻「雲の砦」を制作した。
 (「雲の砦」は、9.11のテロの際に壊れずに残ったものの、救助活動の妨げになるとの事であえなく撤去された。)

1960年代には、ロックフェラー3世夫人が「受」を購入し、ニューヨーク近代美術館MOMAのパーマネントコレクションとなった。
重量感のある石等を素材としていながら、意に反して浮いたように見せる形状など、軽やかに見せる工夫をしている作品が多い。

世界中、日本中のあらゆる場所で、地元に寄り添ったユニークなネーミングが多く、流政之の彫刻は品格と共に広く親しまれている。

流政之は、1950年代の初期の作品から「ワレハダ」の技巧を用いてきた。
それは石を割った部分をそのままにしておく事で、作品は未完成であることを意味している。

「つくらざることはときにつくることをしのぐし、つくらざるものはつくりたるものを生かす」
この表現は流独自の美学であり、後にアメリカに大きな衝撃をあたえた。

1960年代には、アメリカで大きな成功を収め、国際的な彫刻家と評価された。
1963年には、ニューヨーク世界博日本館に日本から600トンの石を持ち込み、巨大壁画「ストーン・クレイジー」を制作。

また、ニューヨークワールドトレードセンターでは、巨大な石の彫刻「雲の砦」を制作した。
 (「雲の砦」は、9.11のテロの際に壊れずに残ったものの、救助活動の妨げになるとの事であえなく撤去された。)

1960年代には、ロックフェラー3世夫人が「受」を購入し、ニューヨーク近代美術館MOMAのパーマネントコレクションとなった。
重量感のある石等を素材としていながら、意に反して浮いたように見せる形状など、軽やかに見せる工夫をしている作品が多い。

世界中、日本中のあらゆる場所で、地元に寄り添ったユニークなネーミングが多く、流政之の彫刻は品格と共に広く親しまれている。

History

<略歴>

1923      長崎に生まれる

1943-45      海軍飛行科予備学生、操縦専修となりゼロ戦パイロットになる

1955      初個展 (東京)

              第2回モダンアートフェア (朝日新聞主催) に植木茂らとともに参加

1960      四国庵治村で村民達と制作を開始

              ニューヨーク近代美術館のパーマネントコレクションに選ばれる

1962      日本建築学会賞受賞

1963      ニューヨーク世界博覧会のベストワークとして紹介される

1967      香川県文化功労者に選ばれる

              タイム誌で日本を代表する文化人として紹介される

1974      日本芸術大賞 受賞

              第2回長野野外彫刻賞受賞 (’94 第22回 も)

1975      ニューヨーク ワールド・トレード・センターに「雲の砦」を完成

              アントワープ国際野外彫刻展に出品

              ミッデルハイム美術館所蔵となる

1978      第9回中原悌二郎賞

1983      「北追岬」などの作品により吉田五十八賞を受賞

1987      日本経済新聞「私の履歴書」連載

1989      瀬戸大橋のたもとに、あらたな香川の伝統をみせる作庭に「浜栗林」を制作

1995      朝日新聞「流政之の世界」連載

2002      駒ケ岳を望む大地に「彫刻公園ストーンクレージーの森」をつくる

2004      9.11のテロに耐えたものの救助活動のため撤去された「雲の砦」が、北海道立近代美術館で
             「雲の砦Jr.」として甦る

2007      富士山のふもとで、「富士が辻」計画が動き出す

              これまでに数多くの個展を開催。また、世界各地にパブリックワーク多数。

<略歴>

1923      長崎に生まれる

1943-45      海軍飛行科予備学生、操縦専修
                   となりゼロ戦パイロットになる

1955      初個展 (東京)

              第2回モダンアートフェア (朝日新聞
              主催) に植木茂らとともに参加

1960      四国庵治村で村民達と制作を開始

              ニューヨーク近代美術館の
              パーマネントコレクションに選ばれる

1962      日本建築学会賞受賞

1963      ニューヨーク世界博覧会の
              ベストワークとして紹介される

1967      香川県文化功労者に選ばれる

              タイム誌で日本を代表する文化人
              として紹介される

1974      日本芸術大賞 受賞

              第2回長野野外彫刻賞受賞
              (’94 第22回 も)

1975      ニューヨーク ワールド・トレード・
              センターに「雲の砦」を完成

              アントワープ国際野外彫刻展に出品
              ミッデルハイム美術館所蔵となる

1978      第9回中原悌二郎賞

1983      「北追岬」などの作品により
              吉田五十八賞を受賞

1987      日本経済新聞「私の履歴書」連載

1989      瀬戸大橋のたもとに、あらたな香川の
              伝統をみせる作庭に「浜栗林」を制作

1995      朝日新聞「流政之の世界」連載

2002      駒ケ岳を望む大地に「彫刻公園
              ストーンクレージーの森」をつくる

2004      9.11のテロに耐えたものの
              救助活動のため撤去された「雲の砦」
              が、北海道立近代美術館で
              「雲の砦Jr.」として甦る

2007      富士山のふもとで、
              「富士が辻」計画が動き出す

              これまでに数多くの個展を開催。
              また、世界各地にパブリックワーク
              多数。

Available Works